教育方針

幼児一人一人の発達・プロセスを大切にし、個性や特性を引き出し主体的な体験の中から達成感、挫折感、葛藤、充実感を味わい、生きる力を養う

自然環境、人的環境と関わりながら安定した生活の中で豊かな感性を養う

家庭と幼稚園が連携し、「こどもにとって・・・」を合言葉に支えあいながら協力し、子どもを守り育成する

 

教育目標

のびのびと体を動かし、明るく元気に遊ぶ子ども
環境に親しみ、考えて行動する子ども
感じた事、考えた事を自分なりに表現する子ども
生活のきまりを守り、自分の事は自分でする子ども

施設の特性

豊かな自然環境、恵まれた施設設備の中でしなやかでたくましい心と体をつくる。

園舎・・・保育室12室・事務室・ホール

園庭・・・砂場・うんてい・ブランコ(大1・小1)・滑り台・アスレチック・鉄棒・平均台

       ビオトープ・大型プール・東屋・ポッポ号

小動物・・・うさぎ・かも・小鳥など